TOPICS

トピックス

【袖に関する用語】 飾り切羽

袖口のボタンホールの穴があいている仕様を「本切羽」といいますが、それに対して実際は穴はあいていませんがデザインの一貫として入れる仕様を「飾り切羽」といいます。現在は既制服の多くにこの飾り切羽が取り入られています。また、本切羽に比べ袖口の裏側の構造も比較的簡素なので、袖丈の修理の際もコストが安くなります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA